健康補助食品と栄養補助食品の違いは?

  • 投稿日:
  • by

まず栄養補助食品というのは、いわゆるサプリメントのことで毎日の食事で不足する栄養素を補うことを目的として、栄養素の濃縮物が1種類以上含まれている剤形(錠剤、カプセル、タブレットなど)のものを指します。

サプリメント市場は今や様々なメーカーの商品で溢れており、より消費者の目に留まるようにパッケージに過剰に効果をうたっている商品等が登場するようになりました。そのため消費者はパッケージなどから効果を見極めるのは困難となっています。

そこで

JHFA認定マークサプリメントに基準を設けようという動きが始まり、日本健康食品協会が厚生省の指導により規格基準を定め、1986年よりその規定に則って製造された商品に対して「健康補助食品」の認定マーク(JHFA認定マーク)を付けるようになりました。
このマークが付いている商品を「健康補助食品」と呼びます。